こんにちは。
岐阜県多治見市を拠点に活動する、土木工事業者の中部保全サービス株式会社です。
弊社では、主に中央自動車道や東海環状自動車道などの道路工事を請け負っております。
高速道路の工事は楽しさとやりがい、どちらもある仕事ですが、ほかの仕事と同じように大変なことももちろんあります。
今回は、そんな高速道路工事の仕事で大変なことについてお伝えいたしますので、これから挑戦してみようとお考えの方は、ぜひ参考にご覧ください。

工事を行うまでがなかなか大変!

高速道路工事を行うまでに、実はさまざまな準備が行われていることをご存じでしょうか。
24時間、車が行き交う高速道路で工事を実施するのであれば、多くの場合で一時的に交通規制を行う必要があります。
単に交通規制を行うといっても、規制するまでにさまざまな作業が発生します。
規制する場所の図面を用意したり、人員の配置、規制する時間帯を取り決めたり、事前に綿密な計画が組んで、やっと工事を実施できるのです。
交通規制を誤れば、渋滞を引き起こし、大多数の方に迷惑をかけることになります。
それらのリスクを踏まえて、工事に至るまでの下準備を徹底的に行わなければならないわけです。

安全確保は徹底的に!

高速道路は、多くの車がスピードを出して走る場所なので、一般道路の工事よりもさらに注意して安全管理を行う必要があります。
作業現場で保安対策を怠ると、車がそのまま作業現場に突っ込んできてしまうこともあり、命の危険がまったくないとはいえません。
ちょっとした油断が事故につながる現場ですので、いつも緊張感を持って仕事に取り組んでいただくことになるでしょう。
また自分のことだけでなく、一緒に作業する仲間にも危険が迫っていないか注意することも必要です。
お互いに声をかけ合い、コミュニケーションを適度に取りながら作業を進めていかなければならないので、淡々とひとりで作業を行いたい方は少し大変に感じるかもしれませんね。

【採用情報】和気あいあいとした社風が魅力!

高速道路工事の仕事で大変なことをお伝えいたしましたが、参考になりましたでしょうか。
現在、中部保全サービスでは、一緒に働いてくださる現場スタッフの方を募集中です。
私どもの仕事は確かに大変なこともありますが、今回ご紹介したことについては業務を続けていくうちに必ずきちんと対処できるようになります。
毎日の仕事がつらくならないように充実した手当もご用意しておりますし、社風も和気あいあいとしていて馴染みやすいので、人間関係の悩みを抱える心配もないですよ。
高校を卒業してすぐ働けるだろうか?と思っていらっしゃる方も、普通自動車免許をお持ちでしたら問題ありませんので、ぜひ求人にご応募くださいね!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。


中部保全サービス株式会社
〒507-0038 岐阜県多治見市白山町5-7 ヤマセキビル2F
電話:0572-24-3311 FAX:0572-24-3312